半同棲生活をしていた彼氏がいました。
一緒に生活をしている状態でしたから、毎日のように肉体関係も楽しんでいました。
とっても良い彼氏だったし、セックスの方でも私を満足させてくれる人でした。
特に私のあの部分を舐めるのが大好きな人だったのです。
「美留のオマンコはとっても美味しいね」なんて言いながら、ペロペロとたっぷりクンニをしてくれました。
クンニのテクニックがとてもある人で、しかも時間をかけてやってくれるのでアクメを何度も感じてしまうぐらいでした。
こんなにすてきなセックスも楽しめるし、恋人としても申し分ないし、良い人とお付き合いできているなと思っていました。
だけど、別の女の子とも肉体関係を楽しんでいたことがわかってしまったのです。
半同棲生活をしているぐらい、仲良かった彼氏だから怒りがとても強くなってしまったのです。
怒りに任せて、お別れする道を選んでしまいました。
だけど別れた後は、前の彼氏にやってもらったセックスが忘れられない状態になりました。
またあの時のようにクンニされたい、体はすっかり快楽を覚えてしまっていますから要求が出てきてしまったのです。
思い出しては自分で慰めてはいたのですが、それでもやはり、あの時のような快楽が得られるわけもありません。
またクンニしてほしい、私のあの部分をたくさん舐めてほしいと考え続けてしまっていました。
考えれば考えるほどエッチな気持ちになってしまうし、体はうずいてしまいます。
ムラムラした気分がとても強まっていたときのこと、舐め犬掲示板というのを発見しました。

舐め犬といえば、純粋にクンニだけする関係だと言うのは私も知っていました。
知らない方とセックスするのはとても怖いのですが、舐めてもらだけだったら、そんな思いが湧き上がってきたのです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
舐め犬募集サイトBEST5
舐め犬探しの成功者から教わったサイト